FXNETという金融商品

海外FX

日本人に金融商品として人気なのが外貨や株式、そして国債などです。これらの金融商品に対する投資よりもハードルが高いものに、商品先物取引が挙げられます。

read more

リスクも伴う

商品先物市場は、一般的にリスク回避として扱われることが多いです。例えば、株式市場が荒れている時に、安定的な原油や地金などに資金が流入します。

read more

本当のFX投資

商品先物取引は、これら投機筋の動きを察知する必要があります。リスクはありますが、上手く取引を行うと、莫大な富を得る可能性を秘めている金融商品でもあります。

read more

Fxnetのプラットフォーム

Fxnetはディーリングデスクからの介入のないSTPブローカーの一つです。もちろんリクオート・注文拒否のようなことはありえませんし、非常に約定までのスピードが速く、なんと1秒以内というのも大きな売りの一つになります。スキャルピング・ヘッジングにも対応していて、ありとあらゆるトレード戦略で着実に利益を上げていくことのできる取引環境が用意されています。

MT4のデモ口座 が特に利用価値が高く、多くのユーザーがまずはデモから入るという流れになっています。この業者はMT4やスマートフォンなどモバイル環境からアクセスして取引するのにも対応していますし、MAMをはじめとした高度な取引ツールの提供を受けることもできます。イギリス バークレー銀行を始めとして有名な金融機関によって預け入れたお金は保全されており、キプロス証券委員会からの認可がありますので万が一の破綻の際にも2万ユーロまでの保証を受けることが可能になっていますので安心できます。日本語を含むあらゆる言語でのサポートができるように体制も整備されていて、今後世界的にも人気が高まってくること間違いなしのFX業者といえます。

FXNetの特徴として、あらゆるトレーダーの利用が簡単にできるということが挙げられます。デスクトップ用はもちろんのこと、シンプル・トレーダー用、ウェブトレーダー用、 iPhone・iPad用、アンドロイド用、モバイル用、MAM用といった合計で7種類の取引プラットフォームが用意されています。

最新鋭のFX取引システム

スマートフォンは近年iOSかアンドロイドか片方しか対応できていないものも多い中、どちらも利用できるのはハイローオーストラリア同様魅力的ですし、パソコンからのアクセスでも非常に多彩なトレーダーから選択できるというのは大きなメリットです。手数料については新規建て・決済どちらでも無料になっています。

スプレッドについては、1.9ピップ固定となっていて、入金手数料はクレジットカード、もしくはスクリルで入金は0.35ドルに加えて2.5%かかります。銀行送金は各銀行で設定される手数料に加えて、ネッテラーの場合は3.9%となり最低金額は1ドルとなっています。出勤手数料はクレジットカードの場合は0.5ドルプラス2.5%で全入金額よりも多く引き出す場合は5ドルとなります。

スクリルでは0.49ユーロで、これも全入金額よりも多い場合は1%となることに注意してください。銀行送金は各銀行の手数料で対応可能で、ネッテラーの場合は2%、最低金額は1ドルの最高金額は30ドルという形になっています。また通貨ペアの豊富さも魅力で、なんと26ものペアが用意されていますので自分の興味ある銘柄をうまく組み合わせることができます。