FXNETという金融商品

海外FX

日本人に金融商品として人気なのが外貨や株式、そして国債などです。これらの金融商品に対する投資よりもハードルが高いものに、商品先物取引が挙げられます。

read more

リスクも伴う

商品先物市場は、一般的にリスク回避として扱われることが多いです。例えば、株式市場が荒れている時に、安定的な原油や地金などに資金が流入します。

read more

本当のFX投資

商品先物取引は、これら投機筋の動きを察知する必要があります。リスクはありますが、上手く取引を行うと、莫大な富を得る可能性を秘めている金融商品でもあります。

read more

為替市場は24時間開きっぱなし

FX(外国為替証拠金取引)の為替市場は月曜日の午前7時から土曜日の午前7時まで24時間取引することができます。午前9時から午後の3時に市場が閉じる株式投資とは違って、自分の空き時間に合わせて自由に取引ができるため、FXは副業にピッタリです。

月曜日の午前7時から市場が開く順番は、日付変更線に最も近いオセアニア市場から始まり、地球の回転と共に沿ってアジア市場、ヨーロッパ市場、アメリカ市場と開いてゆき、火曜日にオセアニア市場が開きます。これを繰り返して金曜日のアメリカ市場が閉まると1週間分の取引が終わります。

24時間どこかの市場は開いているわけですが、世界の金融市場を動かすプレイヤーはニューヨークのウォール街とロンドンのシティ、それに加えて東京が規模の大きい金融の中心地とされています。この3つの都市を合わせて世界の3大市場と呼びます。

特にニューヨーク市場とロンドン市場が始まると為替の変動が大きくなります。
為替に限らず原油や金、あるいは日経平均先物でも大きく変化します。

三大市場のオープン時間と狙いどころは?

各市場の証拠取引所の取引時間は、東京市場は9時から15時、ロンドン市場は17時から25時30分までが取引、ニューヨーク市場は22時30分から朝の5時まで取引が続きます。
狙いどころは、ウォール街のトレーダーが市場に入ってくる23時30分です。
この時間帯から2時間は2つの大金融街ウォール街とシティがともに動いているので、変動が活発になることからゴールデンタイムと呼ばれています。

FXで利益を上げるのならば価格変動の激しいゴールデンタイムの時間帯にポジションをとるのが一番です。サラリーマンをしている人は、朝昼はお仕事でFXなんてやってられない人が多いかと思います。しかし、ゴールデンタイムなら参入することができるんじゃないでしょうか?疲れて思考が回らない時間帯かもしれませんが、利益を増やしたいのなら、数回程度夜更かしして取引してみるのもありですね。

市場の流れを読み取る

為替取引で利益を生み続けたいのなら、相場の流れを把握しておくことは大事です。
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場でその日の相場がどの様に動くのかを見続けることがFXの上達の近道でもあります。
ですが、初心者が急にいろいろやると大変かと思いますので、まずはデモトレードで世界の経済活動がどのように為替相場に影響を与えているのかを予測し、検証していくといいでしょう。まずは少しでもいいので毎日トレーニングを続けることが大切です。